ポスト展望閣? 空知の雄 プリンス平安を制圧せよ!

プリンス平安/赤平観光センター(赤平市)

今回のターゲットは空知管内赤平市の多目的施設、赤平観光センターことプリンス平安であります。
特に霊が出る、という噂はないので、本来でしたら廃墟のカテゴリに入れるべき物件なのですが、実際行ってみると中々活きのいい画像を撮影することができたので、心霊ファイルの方に載せることにしました。
今は亡き小樽旧展望閣の後継者と言っても過言ではない要素を兼ね備えた、プリンス平安の全貌をご覧ください。

実際に到着してみるととても目立っており、探すのは造作もない場所だったのですが、アウェーで夜という事もあり、二時間ほど迷いました。
赤平駅の前まで行ってみたり、全然違う建物に突入しかけたり。
ベロが車中で携帯を使って場所を検索し、やっと辿り着くことができました。
ベロGJ。
アーチをくぐって車で中に入っていくと、巨大なヤグラのようなものが。
骨組みだけの状態ですが、これは営業中はガワがあったのか、それとも元々骨組みだけだったのか。
とにもかくにも、すごい迫力です。このヤグラが廃墟本体かと思ったほどですが、本体は奥地にありました。
ヤグラの近くに車を停め、降りて歩いていきます。
外は生憎の雨でしたが、構わずライトを持って奥へ。
やがて平屋の家屋が見えてきましたが、これも廃墟の本館ではなさそう。従業員の居住していた建物なのでしょうか?
建物は集合住宅のように何棟か連続して建っております。
廃村みたいだ……。
ドライブイン丸豊のように、道に面して本館がデンとそびえ立っているとばかり思っていたのですが、いい意味で裏切られた格好です。
○んこ。
……廃墟に来たって感じがしてきたなあ。
さて、せっかくですから、この密集した建物のひとつに入ってみましょう。
前座みたいな扱いですが、この家屋一軒一軒さえ、普通ならワンコーナー受け持っていいくらいの大きさです。
うーん、なんと贅沢な。
入ってみました。正直安普請です。壁が薄い。
「ま○こ」「バカ」
パトスが溢れております。
内部は荒廃しきっています。見たところ、倉庫として使われているようですね。
窓はところどころ割られていてますが、それでも結構状態はいい方なんじゃないでしょうか。
電子オルガン(エレクトーン)を発見。
これは従業員の私物だったのか、それとも元々本館のほうに置かれていたものなのか。
この楽器を電子オルガンと言うか、エレクトーンと言うかで世代が分かれそうですね。
私ですか? 電子オルガン派ですが何か。
リビドーが溢れておりますな。フロイト的ラクガキとでも申しましょうか。
コメントに困りますね。
コメントに困るならこんな画像載せんなよ! って話ですが。
さて、小家屋地帯をくぐりぬけ、いよいよプリンス平安本館へと移動します。
正面からアオリ気味に撮影してみたところ、不思議な画像が。
モヤッております。探索月は10月で、息が白くなるにはまだ早い。ついでに切り込み隊は参謀以外非喫煙者です。(参謀は今回不参加)
お出迎えしてくれたのかしら。
霊の噂はないと書きましたが、ひとつ思い出しました。
女の霊が二階から下を見おろしているという噂があったような……。
どれ、見下ろしてる人はいないかな?
本館潜入前に、駐車場の隅っこで屋台の残骸を見つけました。
「庄村 うどん」
うどん屋のようであります。本館で遊ぶ前にうどんでも食って腹ごしらえしていけ、ということでしょうか?
大将、ぶっかけ一丁!
入口は、ご覧のように板でしっかりと封鎖されてしまっています。
折角ここまで来て、小さい家屋にも入ってテンションが上がってきたというのに、肝心の本館に入れないというのは無体すぎる。
……と思ったら隣が開いていました。
フードが崩落しています。冬季、雪の重みで支柱が折れたのか。
大変危険なので頭上に注意しいしい先へと進みます。
入口は思いっきりウェルカム状態。お邪魔しますよ……。